指導書

指導書の発注の時期がきた。指導書ってやたらと値段が高い。いろいろと付加価値をつけて値段を高く設定しているけれど、正直なところ、教科書本文のテキストファイルだけあれば、あとは要らない。指導用の音声CDだって生徒用の音声CDがあれば十分。うちの先生方は朱書き本を使う人が多いようだけれど、僕は朱書き本というのも使ったことがない。出版社の事情もわかるけれど、不要なものをパッケージにされて高い値段で売られてもねぇ……。自分自身も指導書の作成に関わったことも何度かあるけれど、原稿を書きながら「こんなもん、要らねぇよなぁ」と思っているのだから世話がない。もうちょっと別の所にカネをかけてくれればいいのに。